インドアでごめん

アクセスカウンタ

zoom RSS 動物愛護を気取る気は無いけどね。

<<   作成日時 : 2011/02/27 00:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最初に言っておきますが、動物の生き死にがらみの話ですので、気分を害する事があるやもしれません。
そういうの苦手な人は読まないでね。
別にグロい内容のつもりは無いけど、とらえようによってはグロいのかも・・・ですので。

最近シーなんとか(敢えてぼやかす)の暴挙で調査捕鯨を中止したってニュースがあったよね。
私自身で言えば、別にクジラ肉が好きって訳じゃないし、食べなきゃ死ぬってもんでもないし、外からやいのやいの言われてまで漁をする必要もないかなとは思うんですけど、クジラ漁が昔からの伝統で、昔からクジラ肉を好んできた地域の人の事を思うと「やめちゃえば良いのに」とは言えないなと。
それに、クジラ漁の反対理由が気に食わんし。
本当に絶滅寸前だって言うのなら中止した方が良いんだろうけど、事実はちょっと違うみたいですし、単に日本への嫌がらせと異文化に対する狭量さで反対している風にしか思えないんだよね。
イルカ漁も同様。
確かにイルカは可愛いし、食べる必要も無いかなとも思うけど、その地域でのイルカ漁は昔からの伝統で文化ですし、漁師さんにとってはイルカだって可愛いだけの生き物じゃないしね。
地域によってはイルカも害獣でしか無かったりするしさ。
イルカ漁を反対する人の言い分も変、哺乳類で頭が良くて人間を癒す事ができる愛らしい生き物を食べるなんて・・・どうかしてるぜ(ブラマヨ吉田さん風に)!
みたいなね。
クジラ漁の反対意見も似たようなもんだった気がする。
私としてはその理屈がとても気に入らないのです。
なんだよ、頭が良くて可愛い生き物は食ったらいかんのかよ。
哺乳類って、牛や豚だって哺乳類だし、頭だって悪くないっつの。
何を勝手に自分の思い込みや価値観だけで動物の生き死にを差別してんだっての。
一体自分は何さまなんだかね。
そんなに他の生き物が大切なら、中国の山奥にこもって仙人にでもなって霞食って生きとけよって思う。
日本には犬や猫を食べる習慣は無いし、どっちかと言うと愛玩動物なんだけど、食材としている国だってあるよね。
日本人的な感覚で言うと「ゲー」って感じなんだけど、別にそれについて批判もしてないじゃないか。
人が飼っているペットを攫って食ってたら批判するけど。
アルマジロ食べる国だってあるよね?
日本は島国なので国全体を海が囲っている訳で、動物性タンパク質は陸よりも海に求めがちで、その結果としてクジラとかが良いタンパク源となっていたんだと思うんだよ。
それって伝統で文化でしょうよ。
それを自分たちの価値観で野蛮とか言って、しかも力尽くの暴力行為でもって反対するってのが・・・その方が野蛮ですやん。
彼らの頭の中ではクジラを助けるために人は死んでも良いんだろう、だってクジラは頭数が少ないけど人間は多いもんね。
そういう考えだとしか思えない。
動物は意味も無く仲間同士殺し合わないが、人間は自分の一方的な考えで人を傷つけたり殺したりできる生き物なんだよね。
動物愛護を唄って暴れてる人間ってのは動物以下だと思うわ。

で、なんでこんな事を急に言い出したかと言うと、テレビでフォアグラを見たから。
フォアグラってカモとかを無理やり脂肪肝にしたヤツですよね?
脂肪肝を取る事が目的でカモやらを飼育している訳で、自分たちの食を満足させる為に他の動物を敢えて病気にする訳ですよ。
それって、イルカやクジラを捕るよりも、考えようによっては残酷だと思うんですよね。
それを言うなら松阪牛とかの霜降り肉も同じようなものだと思うけど。
あと、子羊とか子牛とかの料理。
子羊は臭みが無くて美味しいとか、肉が柔らかいとか。
こういうの聞くと、もしこれが人間だったら・・・とか考えちゃうんですよ、悪い癖ですけどね。
もしも人間よりも力のある生き物がいて、人間が食用になったなら・・・怖いよね。
怖いけど、同様の扱いを受けても文句は言えないんだよね、別の生き物にそういう扱いをしている訳ですから。
そういう事を考えていると、やっぱり一番酷くて怖いのは人間だよな〜って。

ただ、自分は肉料理好きだし、可哀想だから食べないとか言わない。
牛も豚も鳥も美味しく頂きます。
でも、それらが生き物で、自分の意志とは無関係に食用となっているという事を忘れたらいけないなと。
自分たちは命を食べて生きているという事を無視してはいけないなと思います。
彼らは好きで食用になった訳じゃないし、感謝されても嬉しくは無いと思いますけど、やはり感謝の気持ちは忘れてはいかんと思うのですよ。
動物に感謝し、解体業者さんに感謝し(嫌な仕事を代行してくれている訳ですから)、食事をするべきなんでしょう。
別に動物だけでなく、魚や果ては野菜だって生き物でありますし、すべてに感謝すべきですよね。

なんか説教臭いというか、うざ〜い話になってしまいましたが、結局何が言いたいのかといいますと、「見た目とか知能で生き物の命に優劣つけてんじゃないよ!」ってこと。
自分たちはどうやっても他の命を奪ってしか生きられないんなら、それから眼をそらさずに罪深さを心に刻んで生きて行けって事ですよ。
動物を好きなのは良いけど“動物に優しい自分”に酔ってる人は正直気持ち悪い。
なので、動物愛護団体って好きになれないんだよね・・・。
まぁ私の個人的な考えであり、意見ですけど。

この件に関しては議論する気は無いので、そこんとこヨロシク。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

只今プレイ中





My Room

私のコレクション達
動物愛護を気取る気は無いけどね。 インドアでごめん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる