インドアでごめん

アクセスカウンタ

zoom RSS 好きさ〜、しびれるほ〜ど。

<<   作成日時 : 2009/09/06 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

たまきこ氏、即行別れたそうな。
なんなんだろうね、あの2人は。
不思議カップルだから凡人には理解できん・・・。

とまぁ、そんなゴシップは置いといて。

ブログで散々書いてますが、ドラゴンが好きです。
吸血鬼も好きです。
そして魔王も大好きです。
好き設定が多すぎて、変に手広くなって大変です。
しかし、ゲームにしても映画などにしても、ドラゴンはまだマシとして、吸血鬼モノは外れが多いですね。
確実にエ○方向に行くとか、吸血鬼である意味が分からない(設定を活かしきれていない)とか)。
それでも果敢に挑みたくなる、魅力的な設定のモンスターだという事でしょうか。
やはり吸血鬼モノでは『蒼い牙』が一番好きかなぁ、今のところ。
ドラゴンが登場する映画とかは、ドラゴンにお金をかけすぎて全体的に安っぽい感じになるのが多い気がします。
『エラ○ン』とかね、もはや負の代表作だよ。
3部作とか言ってたけど、無いだろうな(半笑)。
ドラゴン系の映画で「これはマシ」と思えたのは『ドラゴンハート』かな。
『サラマンダー』も悪くないけど、ドラゴンが完全に害獣だしなぁ。
『ダンジョン&ドラゴン』は全体的に端折りすぎだし、作中に出てきた難攻不落のダンジョンが筋肉番付レベルだったのが・・・。
クライマックスに「コレでもか!」とドラゴンが乱舞する所は凄いけどね。
まぁこの3作品はそれなりに面白いと思えるドラゴン作品かな。
で、魔王様。
魔王という設定はファンタジーには不可欠ですし、比較的扱いやすいのでしょうね、作品としてもそんなに外れは無い・・・と思う。
魔王といえば『ラビリンス 魔王の迷宮』の“デヴィッド・ボウイ”でしょう。
子供の頃に洋画劇場でみて気に入った作品なのですが、あれは歴史に残る魔王様ですよ、ステキすぎ♪
デヴィッド・ボウイはアーティストとしても一流ですが、役者としても素晴らしいですね、多才な方です。
『ズーランダー』とかにも出てる辺りお笑い好きっぽい(笑)。

昔はあまり無かった気がしますが、最近は魔王をメインに据えたゲームも多いですよね。
『魔界戦記 ディスガイア』なんか魔王が主人公ですし、『ボクと魔王』も可愛い魔王様がほぼメインですし。
魔王好きとしては嬉しいのですが、あまり沢山でられても困るかな、網羅しきれないし(網羅するつもりも無いけども)。
『女神転生』もルシファー様が好きで好きで遊んでいる節もあるし、というか、『女神転生2』でルシファー様にハマってから魔王好きが発動した気も(上記で上げた『ラビリンス』の頃から傾向はあったが)。
今プレイしている『うたわれるもの』は魔王ではないけども少し近しモノがありますし、その辺もハマった理由かと。
その『うたわれるもの』繋がりで『ティアーズ・トゥ・ティアラ』というゲームにも手を出してみたり。
まだ未プレイですが、『ティアーズ〜』の主人公も魔王様らしくてね、なんかもうガッツリ喰い付いちゃいました、ワハハ。
魔王モノのコレクションがまた1つ追加されたという事で。
色々なものを追いかけすぎて自分を見失うことは避けたいですが、既に見失っている気も(苦笑)。
そういえば、秘密結社とかも好きなんですよ。
『秘密結社鷹の爪』がまた映画になるとかならないとか。
また友人を無理に誘って観に行こうかと画策中(笑)。

なんだか取り留めのない内容になったなぁ。
何が書きたかったのか、自分でも良く分からなくなってしましました。
まぁ単に、色々好きなものがあって困るなって話です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
竜は東洋では神様なのに対して西洋では人間の敵という思想風土なので
仕方ないといえば仕方ないんでしょう。
確かにエ〇ゴンはアレはないですよねw
私としては主人公が果たしてヒロインのお姫様と双子なのかが気になるのですが(笑)
おすぎ
2009/09/06 13:19
どうしてもハリウッド映画などで出てくるドラゴンは悪役になりがちですね。東洋と西洋の違いですね。

そういえば、ドラゴンの出てくる映画って、あまり観た覚えが無いですね〜。
isonya
2009/09/06 23:02
タイトル、安全地帯の「好きさ」ですね〜。
PC版の「めぞん一刻・完結編」で初めて聞いて、その後アニメでも使われてるのを知って、思わずめぞんのサントラCDを買ってしまったぐらい好きです( ´艸`)ムププ
いさ虫
2009/09/07 01:11
>おすぎさん

こんばんわ♪
アジアでは竜は神様と同等の扱いが多いですもんね、日本も竜神とか言いますし。
西洋では頭の良い大きなトカゲ扱い?
私は西洋スタイルの竜も東洋スタイルの龍も好きですけどね♪
エラ○ンはねぇ・・・色々な意味では見所満載なんですけどね、如何せん・・・(苦笑)。
いきなり敵の本拠地に潜入するってどうよ。
そんなに気軽に行けるのかと。

私は裏切り者の息子と呼ばれていた黒髪の子が気になってます。
ろくた
2009/09/11 20:13
>isonyaさん

こんばんわ♪
映画などでは“ドラゴン対人間”という図式が多いですよね。
ゲームでもかな?
国民的ゲームが『ドラゴンクエスト』ですしね(最近のはドラゴン関係ない気がしますが・・・)。
悪い竜が多い中『ドラゴンハート』という映画はなかなか良かったですよ、騎士と竜が組んでドラゴン退治詐欺をしていたのが楽しかったです。
ドラゴンにしても吸血鬼にしても、キャラクター(というのか?)が周知されているモノと扱うのは難しいのかも知れませんね。
本当に、笑うしかない作品も多いです(苦笑)。
ろくた
2009/09/11 20:19
>いさ虫さん

こんばんわ♪
『好きさ』は名曲ですよね♪
安全地帯の曲は凄く好きで、実はアルバムも殆ど揃えているんですよ。
曲は良いんですけどね、歌い手は超がつく不思議さんです(苦笑)。
『めぞん一刻』は作品も良いですが、アニメの主題歌も凄く良い曲が多かったですよねぇ。
ピカソの『シ・ネ・マ』も良い曲でした♪
ろくた
2009/09/11 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文

只今プレイ中





My Room

私のコレクション達
好きさ〜、しびれるほ〜ど。 インドアでごめん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる