インドアでごめん

アクセスカウンタ

zoom RSS 辿って辿って。

<<   作成日時 : 2011/03/23 22:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

連日の地震報道、一進一退のような原発問題、なかなか心が安らがない日々ですね。
被災地でもないのにこんなんじゃ、本当にしんどい思いをしている方に申し訳ないです。
すべての問題の解決には何年もかかるでしょうけど、とりあえずホッと一息つける段階に、はやく到達してほしいなと願います。

で、連日のニュースで気になるのはやはり原発。
現場に残って頑張ってくれている方々がいてくれているので、過剰な心配や不安は持っていませんが(どうにかなった時にはその時だしなという気もありますが)、原発がらみで良く名前がでてくるスリーマイル島やチェルノブイリ原発事故。
正直スリーマイル島の事は今回初めて知ったし、チェルノブイリに関しては「とても大変な事故でものすごく被害があった」というざっくりとした知識しかありませんでした。
あまりにも無関心でいたもんだなと、ちょっと恥じ入る気持ちになりました(汗)。
今回の福島原発の事故(事故って言うのかな、やっぱり)に絡んで名前がでてきた過去の原発事故、特に最悪の事故と言われるチェルノブイリの事故について、少し詳しく知ってみようかという気持ちになったんですよ。
知るって言ってもネットで検索した程度なのですが、ナショナルジオグラフィックの映像(だと思うけど違うかも)がニコ動であったので、それを見てみました。
それを見て、なるほど大変な事故だったのだなと納得しました。
結局打つ手がなく、今もコンクリの壁で原発を覆っただけになっているという事実には震えます。
そのコンクリ(石棺と呼ばれているらしい)も劣化してきていて、ひび割れなどから漏れちゃいけない物が漏れてきているとか・・・怖い話ですね。

そんな感じで、今更(今だからなのかもしれないが)チェルノブイリの事故の勉強をしてみた訳ですが、その検索でなぜかゲームが引っ掛かったんですよ。
ウクライナ製のPCゲームで、舞台がチェルノブイリという・・・だから引っ掛かったんだね。
延々と見てしまっていたニコ動のプレイ実況ってのはこのゲーム。

S.T.A.L.K.E.R.:Shadow of Chernobyl英語版
イーフロンティア
2007-06-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by S.T.A.L.K.E.R.:Shadow of Chernobyl英語版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL』というタイトルなんですけど、かなりクセのあるゲームらしく、通好みというか、マニア向けなゲームらしいです。
後で設定とか調べましたが、結構奥深い感じで、私がFPSが得意な人ならちょっとやってみたいかもと思いました。
まぁ実際は超ビビりな上にシューティングは苦手(弾が当たらない)なので、絶対無理ですけどね。
だってね、このゲーム、弾がまっすぐ飛ばないらしいんですよ。
重量制限とかもあるらしいしね。
そもそもPC版しかなくて、更に日本語版が無いらしいしね(有志で作られた日本語パッチがあり、そのおかげて日本語字幕でのプレイができるらしいけども)。
世界観とか設定、色々なもろもろに関しては興味深いのですが。
FPSが得意でPCでのプレイOKだぜ! みたいな人、いかがでしょうか?

このゲームの売りのシステムに、NPCが自発的に活動するというのがあるらしいのですが、そのシステムのおかげでNPCがたき火に突っ込んで自殺してしまうという現象があったり、ストーリーを進めるのに必要なNPCが勝手に死亡していて先に進めなくなるという現象もあるそうな、何というか・・・フリーダムだなぁと感心した。
さすが洋ゲーですね。
プレイ実況している方なんかはそれなりに腕に自信がある方々ばかりの為、安心して見ていられるのが嬉しいですね。
私なんかオブリビオンですら放置ですから。
今もホームレスの寝どこを定宿にしている有様(全然プレイしていないってことなんだけど)ですからね。
ああ、オブリビオン、暇な時にでも引っ張り出してみようかな・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

只今プレイ中





My Room

私のコレクション達
辿って辿って。 インドアでごめん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる