インドアでごめん

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ラジアントヒストリア』

<<   作成日時 : 2010/11/07 23:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ついったの方でやたらつぶやきまくっていますが、『ラジアントヒストリア』にかなりハマってます。


設定が面白そうだったのとアトラスのゲームだって事で購入したのですが、これがまた面白くてね〜。
キャラなんてドット絵だし、今風のゲームでは全く無いんですけど、ファミコンからゲームしている人間としてはなんだかこういうのはホッとします。
移動スピードとかセーブとかメチャメチャ早いのが嬉しいです。
セーブポイントもやたら沢山あって、携帯ゲームのソフトだという事を意識して作られているんだろうなと思いました。
ストーリーは、ある日突然時間を越える力を得た主人公が、時間を行ったり来たりして未来を破壊から回避させるという感じ。
要所要所で分岐点があり、そこの選択で未来の結果が変わっていきます。
一番最初の大きな分岐点で自分が選んだ方の未来が正伝、選ばなかった方の未来が異伝として話が進みます。
このゲーム、どちらか一方の話だけを進める事はできないのですよ。
正伝と異伝がリンクしているので、互いの世界に与えた影響がそれぞれ響いてくるんですよね。
それがまた面白いというか、違う未来をたどっている世界を行ったり来たりするのがなんか新しいというか。
結構先まで進んだけど、この先に行くにはかなり始めの頃に戻らんとダメ、とかね。
過去に戻るという設定上、同じイベントを何度も見る事になるんですけど、イベントのスキップができるのでストレスにはなりません。
フィールド移動時にマップが無いのはイタイですが、トータルで見るとストレス知らずの親切設計なゲームだと思います。
つかね、個人的にはアトラスのゲームがどこのメーカーのゲームよりもやりやすいと思うんだ。
メーカーのイメージで取っつき難いってのがあるけど、メガテンもペルソナも、新作が出る度に親切になっていると思うしね。
まぁ、私がアトラス贔屓なだけなのかもしれないけどね。

さて、再びゲームの続きをやりますかね。
頑張って世界を救うぞ〜! オ〜!
とか言って、メチャメチャ後味悪いエンディングだったらどうしようかな(苦笑)。
とりあえずは先に進むのが重要ですよね、うん。

そうそう、パッケージイラストね、中央のアップの人が主人公じゃなくて、中央の下の方に居る赤い服の人が主人公です。
控えめな人ですよね(笑)。
でも隠密なのに赤い服なんですよ。
ちょっと変な人ですよね(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>でも隠密なのに赤い服なんですよ。
ちょっと変な人ですよね(笑)。

漫画やゲームの忍者は忍ばないのは仮面の忍者赤影からの常識ですよw

ラジアンって、もう発売されてたんだ。
まあ、今買ってもポケモンばっかやってますから、積みゲー確定だからなあ。
どうしようかなあ。
ニゲロンパ
2010/11/08 20:46
>ニゲロンパさん

こんばんわ♪
ああ、そういう忍者居ましたね。←赤影

『アジアントヒストリア』はサクサクと進める事が出来て楽しかったですよ。
いまどきのゲームにありがちなヒネた設定も無いですしね、なんか鉄板なストーリーに逆にホッとしましたよ。
なんかやるゲーム無いかなーって時にでも手に取ってみてはいかがでしょうか♪
ろくた
2010/11/28 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文

只今プレイ中





My Room

私のコレクション達
『ラジアントヒストリア』 インドアでごめん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる