インドアでごめん

アクセスカウンタ

zoom RSS 『幻霧ノ塔』ぶらり旅 1

<<   作成日時 : 2009/05/28 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

予想済みでしょうが、『幻霧ノ塔ト剣ノ掟』を始めました。
『ディスガイア』は少しの間眠っていただきます(やはりか…)。

『幻霧ノ〜』はWIZ系のダンジョン探索ゲームなのですが、グラフィックが独特で、なかなかいい雰囲気をだしてます。
パーティーメンバーは最大4人。
ちなみにWIZは最大6人です。

ゲームを始めて最初にする事は、この手のゲームの例に漏れず、パーティーの編成から。
あらかじめ登録されているキャラを使っても良いし、自分で登録しても良いというのも定番です。
私は必ず自分でキャラを作って遊びます、その方が愛着がもてるしね。
で、メンバーの登録&編成をした結果、出来上がったパーティーはこんな感じです。

名前 (職業・種族・属性)
しゅんいち (戦士・ドワーフ・秩序)
りょう (司祭・人間・秩序)
とうや (盗賊・ハーフリング・秩序)
あきひと (魔術師・エルフ・中立)

この名前がどこからきたのかは知る人ぞ知る、私の友人(約1名)はきっと笑っちゃうだろうな。
パーティーとしては遊び心が欠片もないバランス重視型です。
基本的に石橋を叩いて渡る性質ですので。
名前はスルーするとして、まず職業ですが、キャラを作る時にランダムに設定されるパラメータの数値により、選べる職業が決まります。
簡単に言うと、頭が良ければ魔術師、力が強ければ戦士、みたいな感じ。
パラメータの決定は何度でもやり直せるので、そのキャラに就かせたい職業が出るまでトライできます。
ただし、どれだけパラメータが充実しても、選べる職業は4種のみですが。
『幻霧ノ塔〜』は職業の概念が少し変わっていまして、基本技能(最初に選択する職業)を充実させていくと、後々称号技能というのを会得できるようになるらしいです。
らしいというのは、私がまだそこまで進んでいないからピンと来ないんですよね。
この称号技能というのは魔術師と司祭の複合でドルイド、というような感じで、多分転職のようなものだと思います。
種族にはそれぞれに特性があるのですが(体力が低いとか素早いとか)、それほど重視しなくても良いのかな?
人間とハーフリングは自由に属性を決めることができますが、エルフは中立、ドワーフは秩序と属性が固定されています。
属性には秩序・中立・混沌があり、秩序と混沌のキャラは一緒に行動できません。
中立はどちらの属性のキャラとも一緒に行動できますが、就けない職業があります(司祭は秩序か混沌でしか就けない)。
属性や種族により細かな縛りがありますが、大体はWIZやその流れを汲むゲームと同様なので、この手のゲームが好きな人には目新しくも何とも無いでしょうね。
ただ、このゲームには“料理”や“歌”という少し変わったスキル(特技?)が用意されており、それが何の役に立つのかはまだ不明ながら、ちょっと先が楽しみです。
あきひとには是非とも料理を覚えさねば(笑)。

さて、パーティーも組んだし、すぐに迷宮へ・・・と思ったら、その前に訓練場でテストを受けさせられました。
変な教官に指導されるのですが、これはチュートリアルなのでしょうね。
基本的な事を教えてくれるので、初めての人でも安心・・・かどうかは謎。
システム的な事を言うと、ちょっと面倒臭いというか、不親切かもしれません。
何をするにもボタンを押さないといけない為、常にAボタンをガチャガチャ押している感じです。
せめて一括キャンセルは欲しかった。
ドアを開けるのにいちいちAボタンを押さないといけないのもイマイチ。
ダンジョン系で重宝するL・Rボタンでのカニ歩きが無いのは切ない。
とまぁ、文句を言えばいくらでもあるのですが、グラフィックの独特な雰囲気がかなり気に入ったのと、WIZに引けを取らない程の初期のキャラクターの弱さが良い感じ(いいんかよ)なので、今のところは楽しくプレイしております。
魔術師の初期のHPが2だったのには泣けた
でも後衛だから死なないんだよね、無理やり前衛にしていた司祭が死にまくってた、ごめんねりょうさん。

敵がなかなかに強く、最初は出口近くの扉を出たり入ったりしているだけで精一杯。
ドラクエで例えれば、延々と城の周りを回ってスライムを倒し続けているような感じです。
ただ、スライムでは滅多に死にはしませんが、こちらのゲームでは相手が最弱であっても死ぬ時は死にます。
ロスト(キャラの消滅)は無いので、安心して死ねますが(変な日本語)、蘇生にはそれなりにお金が必要なので、そんなにやられてばかりでは家計が破綻します。
死なないようにマメに街へ戻って回復し、少しずつお金と経験値を貯めていくのが最初の最重要ミッションです。
それを何度も繰り返し、現在のパーティーの平均Lv3。
でもまだ一階をウロウロ中、ひたすらキノコや蝙蝠と戦っています。
地下への階段と二階への階段は発見済みですので、もう少し力がついたら先に進む予定。
今はまだ不安要素が多すぎて・・・ムリ!

なかなかサクサクとはいかないゲームですが、最後まで遊べたら良いなと思います。
とりあえずWIZ熱が冷めぬまに集中プレイしないとね。
しかし・・・こういうゲームに興味の無い人には拷問のような内容のブログですね(笑)。
どこまで続くかは分かりませんが、しばらくは『幻霧ノ塔〜』のプレイ日記(もどき)が続くと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントどもでした(=^・^=)

ゲームの話の内容も??なものでしてw
毎度ながらさぱ〜りでm(__)m
白玉ちゃんに「にゃん太きた〜」と言われ号泣
しまくりでしたw
にゃん太
2009/05/28 15:52
>にゃん太さん

こんばんわ♪
にゃんこ写真満載のブログ、良い感じですね♪
にゃん太さんとわん父とお2人のご家族(ワンとニャン込み)の日常話、楽しみにしております♪
ゲームの話に関しては、ゲーム好きの中でもごく一部にしか興味のもてない話だと思いますので、さっぱりなのが普通です、お気になさらず(笑)。
白玉さん、ちゃんとお出迎えできましたか、褒めておきますね
ろくた
2009/05/30 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文

只今プレイ中





My Room

私のコレクション達
『幻霧ノ塔』ぶらり旅 1 インドアでごめん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる