インドアでごめん

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でもありがフィクションって事で。

<<   作成日時 : 2009/03/26 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

漫画やゲームで、純日本人設定に関わらず、瞳が青かったり緑だったりするのってなんでだろう。
赤は無くは無いと思うんだ、アルビノ体質だとかで(その場合は肌も髪も白だけど)。
茶色や灰色の瞳ってのも色素が薄いとかはあるかもしれない。
でも青や緑ってのはさすがに無理っぽい気が。
カラコンという手もあるんだけど、思い切りサラリーマン設定の青年(日本人)が美しい青い瞳ってどうなのよ。
ビジュアル的にはアリだけど、現実にはナシでしょうねぇ。

とまぁ、こんなん書いてるけど別にそれに異を唱える訳でもないし、別に良いんだけどね、冷静に考えると無茶だな〜と。
現実には「おや?」って事がさほど違和感なく受け入れられるのがフィクションの良いところでしょうね。
ただ、そのフィクションを現実に持ってきた時の違和感の大きいこと。
2次元の作品を実写化するのって、よっぽど手を加えないと変なことになりますからね。
あ、別に現在上映中のハリウッド映画の事じゃないですよ、ええ、本当に。
ところで、アレって面白いの?
あと、実写版の『ヤッターマン』ってどうなんでしょうね。
私としてはヤッターワンが真っ赤なのが微妙なんですけど。
アニメのカラーリングの方が可愛くて良いのに。

アニメ・漫画を実写化した作品で良かったのって何かあったっけ。
『東京ゾンビ』はかなり楽しめたけど、アレは原作を知らないしなぁ。
『デトロイト・メタル・シティー』はなかなか良く出来ていたね、そういえば。
『笑う大天使』は演出自体はそこそこだったんだけど、シナリオと展開にガッカリした。
好きな漫画だけにガッカリ度も高かったなぁ(>_<)
『ぼくんち』は面白かったけど、最後がね、なんかいきなり抽象的な感じになったのがどうかと。
岸部一徳さんが面白かった♪
と、振り返ってみると、意外と実写化作品を観ている事に気付く。
何だかんだ言って、やっぱり見てしまうものですね。
上手く表現できれば面白く仕上がるんだろうけど、2次元を実写で違和感無く表現するのはなかなかに難しいようです。

そして、毎度の如く書き始めと結末がバラバラな私の文章。
思うが侭に書くとまとまりがなくなりますね(苦笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
瞳の色もね
眼球の大きさもね

マンガやアニメならデザイン的にアリな
顔立ちでも、実在したら
眼球が脳を圧迫してるだろ!くらい目がおっきくて
顎が細くて手足が長い
あんな日本人(人類?)いませんから(・・;

コミック、アニメからの実写化で
最大がっかり度は「デビルマン」です(T△T)
原作が大好きなだけにがっかり度が大きく
始まって30分で席を立ちたくなった映画は
映画好きな父にとっても珍しい程の
出来映えがっかり度でしたorz
shiva
2009/03/27 00:27
2次元を実写にってのはそうとう無理がありますよねぇ。
かなり反対な感じです。
どうしたって超えられない壁があるわけですしね。

例のあれは噂以上らしいですよ。
なんか。
それに対してヤッターマンはそこそこ評価がいいみたいですね〜。
うちの甥っ子(5歳)は中盤くらいから「見たくない」を連発してたらしいですが。
なんかどくろが怖かったみたいですよ。
穿焔
2009/03/27 20:51
>shivaさん

こんにちわ♪
漫画やアニメは本当に目が大きいですよね。
2次元だと問題ないですが、現実にあの比率の人がいたら気持ち悪くて仕方がないはず。
ありあえないから良いのかも知れませんけどね(笑)。

あ〜、『デビルマン』!
私は見ていないのですが、友達が観にって言葉を無くしていました。
俳優さんの演技も酷いわ、内容もイマイチだわで、なかなかの悪評っぷりですよね。
原作が好きな場合、残念な出来栄えだったときのガッカリ度ももの凄いですよね。
なので、あまり好きな作品は実写化して欲しくないってのが本音です。
ですが、最近は漫画やアニメを実写化にする傾向が強いので、自分の好き作品がいつ餌食にならないかと心配だったりします。
二次元は二次元で置いていてくれたほうが良いですよね・・・(涙)。
ろくた
2009/04/05 13:37
>穿焔さん

こんにちわ♪
私も二次元を実写化するのには大反対です。
上手く仕上げられていた時の感激は凄いかもしれませんが、実際には失敗する方が多いですしね。
あと、漫画などでは多少無理のある設定も気になりませんが、それを現実にもってきて実際の人が演じると、どうにもその無理な設定が鼻につくといいますか、「ありえないだろ」って思ってしまうんですよね。
二次元は二次元でそっとしておくのが得策だと思いますよ。

『ヤッターマン』の評判はかなり良いみたいですね。
悪玉トリオが良い味出しているらしくて。
映画館まで観に行く気は無いですが、TVで放送したら観てみようかとおもいます。
甥っ子さんはドクロが怖かったんですか、子供らしくて可愛らしいですね♪
例のハリウッド映画は凄いですか。
色々な意味で意味伝説になって欲しいですね(笑)。
ろくた
2009/04/05 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

只今プレイ中





My Room

私のコレクション達
何でもありがフィクションって事で。 インドアでごめん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる