インドアでごめん

アクセスカウンタ

zoom RSS 正しくは『ととモノ。』

<<   作成日時 : 2008/09/29 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ととは平仮名でモノはカタカナが正解でした。
まぁどうでいいんだけどもね(良くないか?)。

とにかく、2・3日前くらいから『ととモノ。』プレイ中です。
エクス2の開発チームと発売元の会社とのいざこざやらなんやらが背景にあったり、エクス2の改悪コピー版という噂で持ちきりだったり(恐らくは風評ではなく本当の話ですね)と、あまり良い話は聞かないゲームですが、そういう裏話的な事を考えても仕方が無いので無視しつつ遊んでます。
尼のレビュー等で書かれていましたが、確かにシステムは微妙かな?
ちょっとメンドイ部分が多々あります。
しかし、エクス2をプレイした事が無い為、エクス2よりどの程度システムが悪くなっているのかは判断できません。
まぁ知らないほうが幸せな気もしますので、追求は止めておこうと思います。
とりあえず楽しめれば良いしね。

という訳で、深く考えるのは止めておいて遊んでいます。
『ソウルキャリバー』から離れたので、これで「ラファエル〜〜萌え〜〜♪」というアホな叫びを聞かなくて済むと思った方・・・

甘いです。

“ラファエル”ってキャラ作っちゃったもんね〜(笑)!

あと、当然“エイミ”も♪
その他では“みつるぎ”を作ったのですが、『ソウルキャリバー』のキャラで思い入れがあるのってこの3人くらいなんですよね、困ったことに。
無理やりキャリバーキャラを作るのも何ですし、ココは適当な名前のキャラを作る事にしました。
え〜と、どんな名前にしようかな〜(悩)。

しばし考えてつけた名前、“オペラ”“シフォン”“タルト”。

全部スウィーツの名前、適当すぎ。
友達に言ったら「なんか美味しそうだね」と言われました(笑)。

『ととモノ。』の、というかウィズベースのゲームでは1パーティは最大で6人が基本(6人揃わなくても冒険できますが、かなりキツイ)なので、最初の3人と合わせて6人、とりあえず冒険に出かけられる人員は揃いました。
さあ、いざ迷宮探索へ!


その前に、一応パーティ紹介。


名前 種族/性別 学科(職業)

ラファエル バハムーン/男 戦士
みつるぎ フェルパー/男 戦士
タルト ディアボロス/男 戦士
エイミ ノーム/女 僧侶
シフォン  フェルパー/女 盗賊
オペラ ディアボロス/女 司祭


ちょっとした手違いにより種族が偏っていますが、気にしない気にしない。
しかし・・・10代の少女と30代の成人男子(あえてオッ○ンとは言わない)も、ゲームが違えば同級生か、エエねぇ〜(何が?)。

バカな事を言いつつ、今度こそいざ迷宮探索!

薄暗い迷宮をウロウロと探索していると、早々に敵とエンカウント。
コマンド入力の反応が微妙に遅いのが気になりつつも、パーティは敵を難なく撃破。
死にゲーだって聞いていたけど、意外に平気じゃ〜ん♪
な〜んて、思っていた私が甘かった。
最初に降り立った場所はは足元が水に浸かっていて、歩くとバチャバチャ音がするような所だったのですが、しばらく歩くと水に浸かっていない床があったのですよ。
あ〜、マトモな床発見!
そう思って床に乗った途端。

バリバリバリバリ!!!!

パーティがほぼ壊滅状態。
黙ってリセットを押す私。
だって、生き返らせるお金ないんだもん(汗)。

まさかこんな初っ端のダンジョンに電気ショックの床が配置されているとは思ってもいませんでしたよ、しかも何の警告も無く(汗)。
見た目にもそれらしい演出は無い普通の床なんですよ、大抵は「ココなんかヤバイよ〜」という演出があるものなんですけども(床の色が他と違うとかね)。
なんかね、難易度がどうのこうのという話ではなく、ただ単に不親切ですよね。
現実的に考えると「トラップが見た目で分かってどうするよ?」という話なのですが。
リアリティーの追求なのか、それとも何も考えてないのか・・・判断に苦しみます。
ま、別にいいんだけど(リセットするから(薄笑))。

しかし笑ったのが、この罠でパーティメンバーの殆どが倒れたのに、ラファエルだけはしっかり生き延びていた事。
やっぱり彼はしぶといね、雑草並みの生命力ですよ、うん(一応褒めてます)。

そうそう、不親切といえば、ゲーム内にクエストというのがあるのですよ。
まぁ、この手のゲームによくある「依頼を受けて達成すると報酬が貰える」というヤツなんですけどね(ウィズには無いけどね)。
私はパーティを作ってすぐに迷宮に潜ったので、クエストを受けるのを後回しにしていたのですよ。
とりあえず迷宮の感じが分かったので、そろそろクエストなんぞ・・・と思ったのですが、これがまたね、思い切りチュートリアル的な内容なんですよねぇ(汗)。
いや、もう迷宮に行く前に教えてくれよって感じの内容でね。
迷宮で「あれ? マップって出ないの? 魔法を覚えるしか無いのか?(汗)」なんて動揺したのがバカみたい、地図持ってないとマップ表示されなかったのね。
その他にも施設の案内だとか、基本中の基本みたいな事を教えてくれました。

だ〜か〜ら〜、迷宮に潜る前に言えっての!!!

いやね、説明が少ないとかで文句を言うつもりは無いんですよ。
そういうのは適当に遊んでたらある程度分かることですので。
そうじゃなくてね、中途半端にチュートリアルを用意するなって事を言いたいのですよ。
用意するならするで、そこを見ないと先に進めないとかにしなさいよ、一通り遊んだ後で基本を語られると腰砕けになっちゃうから。
なんか説明が後手後手な印象を受けますね、このゲーム(汗)。
ま、まぁいいんだけど、済んだことだし・・・。

このように、いたる所で「???」なゲームなのですが、まぁそれなりに楽しめてはいます。
隅々まで歩き回ってマップを完成させたり、地味にレベル上げたりするのが好きなので(笑)。
この先も色々やってくれそうな予感はしますが、とりあえず頑張ってみようと思います、ラファ萌えパワーで(バカだねぇ(笑))。

剣と魔法と学園モノ。
アクワイア
2008-06-26

ユーザレビュー:
絵が気に入らなければ ...
まあまあ・・・こうい ...
良くも悪くもないとに ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


関係ないけど、前に書いた「とともの」のブログに、間違えて『剣と魔法と冒険もの』って書いてました(すぐ修正したけど)。
剣と魔法と冒険って・・・普通じゃん(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

只今プレイ中





My Room

私のコレクション達
正しくは『ととモノ。』 インドアでごめん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる